WEBマガジン「河内素敵人」 powered by 河内町商工会青年部

2016年05月号 vol.1 「創刊号」

「第一回 素敵な河内町フォトコンテスト」開催します!

2016年05月07日 08:56 by shigeyuki

 

こんにちは、河内町商工会青年部です。

 

 

みなさん、河内町をご存知ですか?

あ、知らない?

そうですか、ではまずgoogle mapでその場所を確認してみましょう。


 

こんなところにあります。意外と東京からも近いですね。

東京駅までの直線距離を図ると、約48km!

これは熊谷-東京よりも近く、鎌倉-東京とほぼ同じ距離にあたります。

なのに、まったくの「ド田舎」です。

どのぐらい「ド田舎」なのか、こちらをご覧下さい。

 


ここは北海道?

そう見まちがうぐらい、のどかで安らかでユルいところです。

 「なんだ、自然が豊かでいいところなんじゃないか」と思える反面、

 若者がどんどん町外へと流出してしまい、町に残るのはおじいちゃん・おばあちゃんばかりという深刻な問題も抱えています。

 「このままだと何だか塩梅が良くないな」という危機感を感じるのと同時に、

 「この状況も逆にちょっと面白いな」という、ある意味チャンスかも知れないという淡い期待を胸に立ち上がったのが、

 商工会青年部を中心とする若者による町おこし集団「河内素敵人(Kawachi-Sutekinin」です。

 「すてきびと」ではありません。「すてきにん」です。

 これまでに「いなかふぇ」というイベントを3回ほど開催してきました。

 子供達と花の種バルーンを飛ばしたり、流しそうめんをしたり、歌がウマい人を見つけ出すカラオケフェスティバルを開いたり。

 そうやってこの1年の間に、徐々にではありますが仲間やイベントに参加してくれるお客さんが増えてきました。


そこで今回、河内町商工会青年部が主催となって行う事業が、

 

「第一回 素敵な河内町フォトコンテスト」です!

  【↓河内町商工会青年部 フォトコン募集要項ページ↓】

http://kawachiseinen.wix.com/seinensuteki#!photocon/jjqbh


昔から町の人達は、「ここは何もねートコだがらよぉ。」とこぼしてきました。

 そしていつの間にかこの「何もない」は、河内町を形容する枕詞として定着してしまったのです。

 確かに一見すると何もないように見える。

 でもそれは、これまでの現代社会が当たり前のようにかけてきた「フィルター」越しの世界なんじゃないか?

 今の私たちが、そして今の日本人が大切にしたいと願う価値観で見たこの町は、

 これまでとは全く違った輝きを放っているんじゃないんだろうか?

 そんな「宝物」がたくさん見つかったらいいな、というトレジャーハンティングをカタチにしたら、フォトコンになりました。

 このフォトコン、ただのフォトコンじゃありません。

 様々な企画が連動して動いていく、体験型フォトコンテストです。

 これを機会にぜひ一度、われらが河内町にいらして下さいね!

 私達「河内素敵人」が、素敵なおもてなしをご用意してお待ちしております!

 

詳しくは、河内町商工会青年部ホームページでCheck!!

http://kawachiseinen.wix.com/seinensuteki


関連記事

「田んぼの学校」、無事終了!

2016年05月号 vol.2

「田んぼの学校」、無事終了!

2016年05月号 vol.1 「創刊号」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年07月号 vol.5

今年もまた、虹の雨が降り注ぐ。 河内の夏の代名詞ともなった「RAINBOW...

2016年06月号 vol.3

いよいよ今週末6月19日(日)に河内町で開催される、「卵かけご飯早食い世界...

2016年05月号 vol.2

「田んぼの学校」とは、河内に広がる豊かな自然に実際に触れて頂くための体験型...